test test

カシミヤとは?

カシミヤについて

・ カシミヤとは

インド北部のカシミール地方を原産とし、中国奥地(内モンゴル)、モンゴル、イランなどの山岳地帯に生息するカシミヤヤギから採取した毛を言います。原毛の産出量は中国がもっとも多いそうです。カシミヤヤギは羊と同じく群生しますが、高地の厳しい地形に適応できるよう活発で俊敏な性質を持つそうです。そして高地の厳しい寒さや乾燥した気候にも耐えます。そのためカシミヤヤギの全身は剛毛(刺毛)で覆われ、その下に非常に細かくて柔らかいうぶ毛(綿毛)が密集しています。

カシミヤヤギの毛は毎年4月ごろに脱毛するのですが、この脱毛前に大きなくしで出来るだけ剛毛を抜かないように、柔らかいうぶ毛をすき取って採取するのです。カシミヤヤギ1頭あたりの採取量は年間わずか150グラム~200グラム程度で、カシミヤセーターを作成するのに通常なんと4頭分のうぶ毛が必要になります。また羊毛1頭あたりの年間採取量である4キログラム強と比べても極端に少なくて貴重である事がわかります。

採取されたカシミヤ原毛は通常、ホワイトカシミヤ、グレーカシミヤ、ライトブラウンカシミヤ、ブラウンカシミヤの各種類に分類されます。どんな色にも染める事が出来、発色のよさを発揮できるホワイトカシミヤが最上級のグレードとなります。

一般に細くて良質な毛は、12~16マイクロとされています。産地別に見ますと、中国内モンゴル産では12~14マイクロ、モンゴル産で14~17マイクロ、イラン産で17.5~19.5マイクロとされており、産地によってかなりグレードの差があることが分かります。のように繊度が細く、柔軟で保温性、吸湿性に富んだ毛は上品な光沢感と独特なヌメリ感があり、『繊維の宝石』といわれています。

当店では、厳選された内モンゴル産出のホワイトカシミヤをカシミヤセーターの原料として使用しております。染色工程におきましても、トップ染色のみで行っており、そのため優れた発色と最高の風合いを実現しています。また原毛の採取から、染色(わたを染める工程です)、紡績(わたをつむいで糸にする工程です)そしてセーターの製造まで、一貫した管理のもとでカシミヤセーターの製造を行っております。

ショップマスターのわたくし中村が自信を持っておすすめする最上級のカシミヤセーター&ニット!どうぞご安心してお買求め下さい。

カシミヤのお手入れ

独特のぬめり感のある柔らかい風合いを持ったカシミヤは、その上品な光沢と希少性から『繊維の宝石』と形容されています。そんな素晴らしいカシミヤセーター&ニットのお手入れと保管方法は、どうしたらいいのでしょう。

・ やさしい取り扱いをお願いします!

とても細い繊維からできているカシミヤ製品は、乱暴に扱うと風合いを損ねてしまいます。やさしく丁寧に扱ってくださいね。またシミができた場合、そのシミは虫食いの原因になりますので、かならずご自分でシミを取るか、信頼のおけるクリーニング店にご相談してください。

・ 水に弱いんです!

カシミヤセーターは撥水性が弱いため、水滴のついた部分がシミになることがあります。雨の日の着用にはその点をご注意ください。もし雨に濡れた場合は、すぐにタオルなどで水分をふき取り、乾いたあとで柔らかいブラシで毛並みを整えてあげましょう。

・ カシミヤにも休日を!

大変細い繊維からなるカシミヤは、摩擦に弱く、毛玉ができたりしますので、毎日続けての着用は避けて、休ませてあげながら着用するようにしてください。またバッグの肩ひもなどで強く摩擦しないように気をつけましょう。

・ 保管は湿度の少ないところで!

選択方法はクリーニングを強く推奨します。クリーニングの際は、洗濯ネームの取り扱い表示にしたがって、信頼のあるクリーニング店へ出すことをお勧めします。シミなどは保管期間中の虫食いの原因にもなりますので、必ず取り除くようにしてください。また防虫剤は直接衣服に触れないようにするなどの気配りもお願いします。

100%ってなぜわかるの?

カシミヤ100%ってなぜわかるの?

よくカシミヤ100%のはずだ~、いや違ってた~とか大騒ぎすることがよくあります。いやよくはないですね。たまにあります。ん~ いや実は僕の推測なんですけどね。正直たまにあるのかどうかも知りません。ははは。 ではどうしてカシミヤが100%であるとか、これは80%だとか、確信を持って言えるのでしょうか?

これは公的な検査機関による検査を受けているからなんです。もちろん当店では長年の信頼関係のある工場から仕入れており、まったく問題はないわけですが、それでも念には念を入れて中国側と日本側双方にて、双方の公的機関による検査を受け、カシミヤ100%であることの証明を受けています。

ですのでどっしりとご安心くださいますようにお願いいたします。

では、どのようにして検査しているのでしょうか?どのような検査でカシミヤ100%だと断定するのでしょう?

実は先ほどの公的機関の検査員が、顕微鏡を覗きつつ、右手と左手にはカウンターを持ち、カウントするのです。カシミヤの毛を顕微鏡でみながら、カシミヤとそうでないものを右左のカウンターでカウントし、最終的な集計をするわけです。紅白歌合戦の最後の野鳥の会のカウントを思い出してください。もちろん紅白歌合戦みたいに双方が僅差だととんでもないわけですが。

カシミヤとそうでないものの違いは明確だそうです。ある一定の範囲をカウントしてその割合で算出するというかなりアナログな計測なわけですが、最近ではDNA鑑定などの手法もでてきているようです。

カシミヤの原毛見ます?

ホワイトカシミヤの原毛です

あのいかついカシミヤヤギの外側のごわごわの剛毛の下には、こんなにふわっとした柔らかいうぶ毛があるんですね。まるで綿菓子のようです。割り箸にくるくる巻きつけたら間違えて食べてしまう人もいるんじゃあないでしょうか。皆様に触っていただけないのが本当に本当に残念です。

なので僕が触った感想を!触った感じは、とても繊維の細やかさを実感しながら、ぐっと握ると握りつぶれてしまうぐらい小さくなってしまいます。でも大丈夫、こぶしを開くとまたふわっ~ともとの大きさにちゃんと戻ります。柔らかいけど柔らかいなりにちゃん弾力があるんですよね。酔っ払いみたいにくどいですけど、ほんとうにやわらかいです。

これがつむがれて糸になり、カシミヤセーターになっていくんですね。大きないかついカシミヤヤギ1頭からこのうぶ毛がたった200グラムしか取れないとは! カシミヤってほんとうに貴重なものなんですね。

カシミヤ原毛画像2

ほんとうに真っ白ですね。はいホワイトカシミヤですから。

カシミヤ原毛画像1

まるで綿菓子のようです。甘そう~。

カシミヤ品質試験について

カシミヤの公的検査機関は、日本はもちろん中国にもあります。ここでの資料は日本紡績検査協会で検査したものです。

カシミヤの検査と言っても、現時点ではアナログなものなのでして、DNA鑑定などの手法もあるにはあるようですが、主流はまだアナログパターンのようです。我々は、本生産商品の原料が中国で上がってきましたら、その中から抜き打ちで試験を行なうのです。現在の協力工場とは、すでに長い間の信頼関係ができていますので、これまで一度も悪いデーターが出たことはありません。どうか御安心ください。

カシミヤ100%混用率証明試験書

生カシミヤヤギに会う

生カシミヤヤギに会う

カシミヤヤギを見ることはできるのでしょうか?動物園にいるわけでもありませんし。実際に生カシミヤヤギをご覧になった人はあまりいないのではないでしょうか

北京から西北600キロに位置するフフホト(漢字で呼和浩特)からさらに100キロぐらい北上した地域に大草原があり、そのあたりりにカシミヤヤギが放牧されているということなので行ってきました。

フフホトの中心地を出発してしばらくすると郊外の風景に変わってきます。人家もまばらな感じになってきますが、まだまだ中国チックな風景です。

しかし20キロほど北上すると、山越えになります。山といっても木が少なくほとんど岩だけの殺風景な山に曲がりくねった道をひたすら進みます。このあたりになると人の気配が消えてしまいます。
日本のようにドライブインやコンビニなどなく非常にさびしげな道が延々と続きます。
しばらく行くと武川という小さな町に出ます。これを過ぎてどんどん北に進むと、今度は北海道的な光景に変わってきます。岩山を越えて、牧草地、小麦畑、本当に北海道的光景なんです。そして地平線が見えてきます。本当に広さを実感しますね。


今回はフフホトから100キロ北上したところの酪農農家を訪れました。ちょうど農家の娘さんが餌を食べさせるために牧草地に誘導してました。
白いのがカシミヤヤギです。白くないのは綿羊と呼ばれている動物だそうです。こちらからも繊維が取れるそうですが、絨毯などに使われるそうです。


しかし、カシミヤヤギと羊ではぜんぜん値段が違うはず。カシミヤのほうが高いのは言うまでもありません。なのにどうして羊も飼っているのでしょうか。不思議に思って聞いてみたら。

農家親爺さん『そりゃそうだけど羊は食うからいいんだ』とのこと。なるほど納得です。

僕『じゃあカシミヤヤギは毛を採取するだけで食べないんですね?』


農家親爺さん『いや食うよ』


僕『は~?』


食べる場合カシミヤヤギは3才ぐらいまでが旬だそうです。基本的に毛を採取してカシミヤにするんだけれども、どうしても食べたくなったら食べるそうです。いつも羊じゃいやなんでしょうな~。


このあたりは、年々生えている草が少なくなってきており、放牧も厳しくなってきているそうです。モンゴル共和国との国境沿いなどはさらに盛んな放牧が行われているそうです。


それにしても本当に牧歌的な風景です。大地の子で一心が羊を追ってるシーンがかぶってきます。一日ここにいても飽きないように思いました。

カシミヤヤギ1

こんな道が延々と続きます。まるでアメリカの砂漠みたい。

カシミヤヤギ2

この道はどこにつながって行くんだろう。

カシミヤヤギ3

まるで羊飼いの気分です。

カシミヤヤギ4

大草原にこんなにたくさんのカシミヤヤギが。

カシミヤヤギ5

カシミヤヤギと羊が同居しています。

カシミヤヤギ6

群れの向こうを馬に乗った観光客が過ぎて行きます。

カシミヤヤギ7

おとなしいカシミヤヤギが珍しく喧嘩しています。

カシミヤヤギ8

草ばかり食べているヤギがやっとこちらを見てくれました。

カシミヤの原毛あれこれ

カシミヤの原毛はカシミヤヤギ1頭からたった200グラム足らずしか採取されないと言われています。また採取された原毛にはどのようなグレードがあるのでしょうか?またどうやって他の素材と区別できるのでしょうか?そのカシミヤ原毛とはどのようなものなのでしょうか?

■カシミヤの原毛

カシミヤ原毛1

僕たちの後ろの白い袋にはたくさんのカシミヤの原毛が入っています。これらは、カシミヤヤギの放牧農家から集められたカシミヤヤギのわた毛を、集積し、その後洗浄して汚れを取り除き、長さや太さを集約して集められたカシミヤ原毛なのです。これらカシミヤのいわゆるわた毛を紡績して糸にしていくわけです。この段階でカシミヤ100%であることを厳しく検査しています。事前に厳しくチェックしないと、いったん紡績工程が進んでしまうと元に戻すことができないため、カシミヤ100%の糸にならなくなってしまうからです。

■カシミヤ原毛検査

カシミヤ原毛2

カシミヤの原毛が100%であるのかどうかという調査は顕微鏡を使用して行います。繊維は非常の細くて小さく、また似通っているので人間の目では判別できないのです。

カシミヤ原毛3

人間の目では判別できにくいですが、顕微鏡だとすぐにわかります。上の左側の繊維図がカシミヤ原毛の姿です。その隣は羊毛、その隣はウサギ、アンゴラです。これらの原毛を顕微鏡で確認してカシミヤ以外の素材が混ざっていないかどうかを厳しくチェックしているのです。

■カシミヤ原毛のグレード

カシミヤ原毛4

これはなんだかわかりますか?カシミヤの原毛を長い順番に並べたものです。人間もいろんなタイプの人間がいるのと同じように、カシミヤも生き物ですので、その毛についてもやはり個体差が存在します。一番上の長い毛は言うまでもなく優れた素材です。そして一番下の短い毛はやはり風合いも良くなく、ばさばさした感じになります。見た目で長さの差が6倍近くもあるわけですから、当然その品質の差もそれなりにあるわけです。このほか、カシミヤはその生息地(国)でも大きくグレードの差があります。内モンゴルのカシミヤは、外モンゴルは、ロシア、イランなどのものに比べて優れており、世界最高といわれます。

またカシミヤ原毛の中には、ホワイトカシミヤ、グレーカシミヤ、ブラックカシミヤなどともともとの色によってもグレードが別れてきます。

そして素材の太さにも個体差があるのです。寒すぎず暑すぎずちょうどいい環境で育つカシミヤヤギがいいとされています。内モンゴルではそういう意味では非常にいい環境の生息地だと言われています。

そして一番大事で重要なことは、一番上の長い素材を使ったホワイトカシミヤでもカシミヤ100%、一番下の短いカシミヤ素材を使って、しかもそれがホワイトカシミヤでなくてイラン産の太いものでもカシミヤ100%と名乗ることができるということなのです。

巷に異常に安いカシミヤが存在するとしたら、そういったことにカラクリがあると見てもいいかも知れません。

カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 業務出張のため不在

休業日・・・この間のご注文及び、お問い合わせに対します発送作業とお返事は休業日明けとなりますのでご了承ください。 尚、ご注文は24時間休まずお受けしております。

カシミエールより

ご来店ありがとうございます。
世界最高の内モンゴル産のカシミヤ、さらに厳選されたホワイトカシミヤを贅沢に使ったカシミヤセーターやこだわりの天然素材を使ったニット小物などを、工場よりダイレクトにお客様のお手元にお届けいたします。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。新着情報やお得な情報をお届けいたします。

変更・解除・お知らせはこちら

カシミエールは、、、

ショッピングサーチへ

ストールセレクトショップ『カシミエール』はショッピングモール 『アラジン』に出店しています。


カシミエールミニバナーカシミヤセーター&カシミヤ小物ストール通販サイトカシミエール

■携帯サイトもご利用下さい■
カシミエールモバイル
http://cashmerel.com/m
(パソコンからはご利用できません)


会社概要



運営会社

株式会社アレス

〒650-0027 
神戸市中央区中町通2-2-17
武田ビル
電話078-335-5558
FAX078-335-5596

カシミエールミニバナーカシミヤセーター&カシミヤ小物ストール通販サイトカシミエール
http://cashmerel.com
info@cashmerel.com
運営統括責任者 中村 哲

神戸商工会議所会員

*画像・文章等「無断転載」を固く禁じます


卸をご希望のお客様は
こちらからどうぞ↓

カシミヤストール&カシミヤマフラーのアレス
http://www.alles-inc.com/

リンネル雑誌掲載

ゴーアウト雑誌掲載

ストール巻き方コンテスト結果発表

ストールコーディネート

ギフトパッキング

カシミエール「Airy-エアリィ-」
カシミエール「NEW Airy-エアリィ-」
カシミエール「AiryPLUS-エアリィプラス-」
カシミエール「-ストールマフラー-」
カシミエール「-ウィルスガード-」
カシミエール「Rishe-リシェ-」
カシミエール「bijou-ビジュ-」
カシミヤルームウェア
カシミヤグッズ
カシミエールメンズライン「HOMME-オム-」
カシミエールケアグッズ

QR

ページトップへ