test test

カシミヤができるまで

セーターができるまで(中国編)

カシミヤセーターができるまで(中国編)

カシミヤセーターってどうやって作ってるんでしょうか。国や工場によっていろいろな製造方法がありますが、ここでは中国での一般的なカシミヤセーターの作成方法についてご説明します。

1. うぶ毛刈り取り

カシミヤヤギは毎年4月ごろ脱毛しますが、内モンゴル北方にある畜産農家たちが、この脱毛前に手作業で大きな『くし』で、柔らかいうぶ毛だけをすき取って採取します。カシミヤヤギ1頭あたりの採取量は年間わずか150グラム~200グラム程度で、カシミヤセーターを作成するのに通常なんと4頭分のうぶ毛が必要になります。カシミヤヤギさんありがとう~!

2.うぶ毛の回収集積

いわゆる仲買人と呼ばれる中間業者たちが、各畜産農家からうぶ毛を買い上げて、集積します。この段階ではうぶ毛の外にある剛毛なども含まれています。これがめっちゃ堅いんです。またホワイトカシミヤ、グレーカシミヤ、ブラウンカシミヤなども混合された状態です。

3. 選毛

カシミヤヤギの外側にある剛毛と内側にあるうぶ毛をまず選別し、その後ホワイトカシミヤ、グレーカシミヤ、ブラウンカシミヤに選別した後、さらに太さや長さによって区別されていきます。この段階で紡績機に投入できる『わた』になります。このグレード分けでなんと100ランクぐらいに分かれるといわれています。

4. 染色

染色~紡績~撚糸までの詳細工程はこちらをご覧下さい

通常は『わた』を糸に紡績してから染めることが多いのですが、当店のカシミヤはまず『わた』を染めた後で糸に加工します。『わた』を先に染める事で、様々な色をブレンドすることができ、自然で美しい色合いを表現することができるのです。また『わた』染めをすることで、染色時の温度を下げることができ、もっとも重要視される風合いの劣化を抑えることができるのです。

5. 紡績

染められた『わた』を紡績機に投入して糸に加工します。この段階で、糸の太さなどを設定します。またいろんな色の『わた』をブレンドしてメランジ色などを表現します。

紡績工程1カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

綿が紡績機に入っていきます。中でもまれて交わっていきます。

紡績工程2カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

紡績機から出てきたスレイバー(綿のつながったもの)をつむいで糸にしていきます

6. 撚糸(ねんし)

出来上がってきた糸をより合わせて強度を高めます。また伸縮性やかさ高性を高める事で、カシミヤセーターの原料としてより適切な糸となるよう加工していきます。

撚糸工程カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

糸をより合わせながら巻いていきます

7. 編立(あみたて)

いよいよカシミヤセーターの原形が姿をあらわします。事前に作成された設計図をもとにして、その形になるように編みすすめられます。工場の女の子が(中には女の子でない人もいますが)一枚一枚手横機(てよこき)と呼ばれる手動の機械で丹念に編んでいくのです。通常のカシミヤセーターの場合、『前みごろ』、『後みごろ』、『右そで』、『左そで』、『そで口や襟などのパーツ』の5つの部品を作成する事になります。当店の場合はほとんどの商品が中国の工場で一枚一枚手動の機械にて編みたてられたものです。

編みたて画像カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

一枚一枚こうやって人手で編まれていきます

8. リンキング縫製(ほうせい)

編立工程で作成された部品をつなぎ合わせて一枚のカシミヤセーターに加工していきます。編地のひとつひとつの小さな目を探し当てながら縫製針をとおしていく大変細かい作業です。一説には22歳でこの作業は引退するといわれるぐらい目を酷使する作業なのです。これもほとんど手動の機械で一枚一枚縫製されていくのです。

リンキング工程カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

本体と袖を縫製でつなぐ作業です。本当に細かな作業です。

. 縮絨(しゅくじゅう)

縫製も終わり、やっと形になってきたカシミヤセーターですが、まだまだ製造工程は終わりません。この段階では堅くてとても着用できるようなものではないのです。着たらちくちくしてとてもカシミヤとは思えないでしょう。カシミヤの風合いを最大限に引き出す工程、それが縮絨工程なのです。

縮絨溶剤を含んだ水で、家庭用の洗濯機の何倍も大きな機械に投入し、たたいたり揉んだりすると、糸から毛羽が出てそれが互いにもつれ、絡み、緻密な構造になっていきます、これがつまり風合いを引き出し、そして高めるのが縮絨工程です。

縮絨工程カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

家庭用洗濯機のお化けみたいな言わば業務用洗濯機ですね

10. 乾燥&プレス

やっとカシミヤの風合いが出てきたセーターですが、あれ?なんでこんなに小さいの?しかもしわくちゃ~。そうなんです、縮絨工程を加えると、機械の中でたたかれたり、もまれたりしているうちに、毛製品特有の縮みが始まります。縮絨工程を終わったころには従来の70%ぐらいの大きさに縮んでしまうのです。これをスチームの大きなアイロンにて本来の形に戻してあげる工程がプレス工程です。人体の型枠を中に入れ、外からはアイロンを駆使し、見事に本来の形を再現していきます。まさに職人芸といえます。ものの2~3分の間に見事に商品に変化していきます。

プレス工程カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

まさに職人芸です。あっという間にセーターの形が再現されます。

乾燥工程カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

乾燥工程。これも家庭用乾燥機のお化けが登場

11. 仕上げ

さあ、いよいよ最終的な工程にはいってきました。プレス工程を終了したカシミヤセーターに、釦、ブランドラベル、洗濯ネーム、下げ札 などを取り付けて商品としてのお化粧をほどこします。

12. 検品包装

完成されたカシミヤセーターを一枚一枚チェックします。穴が開いてないか、編み目が落ちてないか、汚れていないか、などなど。検品で不良箇所が見つかったものは、再度前の工程に戻って修理します。最後に検針機に通して、商品の中に編み針や、金属片などが含まれていないかどうかの検品をおこないます。合格したものは包装されて出荷を待ちます。

検品風景カシミヤニット&セーター通信販売ウェブサイトカシミエール

人海戦術で大検品大会です。

13. 出荷

いよいよカシミヤセーターの出荷です!中国から船に揺られて(納期間に合わなくて飛行機に乗せてあげることもあります 汗!)日本に到着!そしてお客様のお手もとにお届けです!

ほんとにほんとに数多くの人々の努力と汗、そして御協力のおかげでこの1枚のカシミヤセーターがお客様のお手元に届けられるのですね。

しかもはるか遠き内モンゴルでうぶ毛が刈り取られてからお客様のお手元にカシミヤセーターをお届けするまで、なんと半年以上にも及ぶ本当に距離も時間も長い長い物語なのですね。

カシミヤの糸ができるまで

■カシミヤの糸ができるまで■

カシミヤの原毛からカシミヤの編み糸ができるまでの工程の詳細を大きめの写真をメインにしながらご説明していきます。

染色工程

『セーターができるまで』コーナーでもご説明していますが、当店のカシミヤはトップ染色が基本中の基本。トップ染色とは、わたの状態で染色して、その後紡績して糸の状態にするものです。これに対して糸染めという工程では、先に糸にしてしまってから染めることを言います。トップ染色は風合いや手触りにおいて優れていると言えるのです。

染色前の原毛カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

無造作に置かれているホワイトカシミヤのうぶ毛(原毛)です。染色工程前の原毛倉庫で染色を待っています。

染色前の原毛アップカシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

ホワイトカシミヤのアップです。本当に綿菓子のような繊細な感じがします。繊維の細さが視覚的にも感じられますね。

染色釜カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

これが染色のための釜です。この釜にうぶ毛(原毛)を入れて、染料の入った溶剤で炊くように煮詰めるようにして染めていくわけです。写真の釜で50キロのサイズです。左下の炊飯器のお化けのような釜で100キロです。

釜クリーニングカシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

これは釜を洗っているところです。染色が完了すると次に染色する色と混じらないようにこうやって熱湯で時間をかけて洗いあげていきます。次に染める色に染色が完了した色が移ったら大変なので品質管理的にも重要な工程です。

染色後の原毛乾燥カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

染色されたうぶ毛(原毛)は巨大な乾燥機で乾燥します。機械は大きいので入り口からの撮影です。ベルトコンベアーのようになっており、出口から出るころいには乾燥したうぶ毛(原毛)がでてきます。

紡績工程

染色されたうぶ毛(原毛)を紡績することで糸に加工していきます。『日本昔ばなし』なんかでお婆さんがわたを紡ぎながら糸にしていくようなシーンがありますが、あの手作業を巨大な機械で行います。一般的な紡績機の大きさはスタート地点からゴール地点まで20メートルぐらいはあるでしょうか。うぶ毛(原毛)をスタート地点に投入していきますと、それぞれの工程でうぶ毛(原毛)を『伸ばしたり』『そろえたり』『くしけずったり』といった加工を繰り返しながらゆっくり流れていきます。最後には手編み糸ぐらいの太さののわたの集合体がでてきます。

紡績機1カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

紡績機のスタート地点側からの画像です。ごみの山のように見えるのはごみではなく、カシミヤのうぶ毛(原毛)です。このごみじゃなかったうぶ毛のアップが左下の画像です。この段階では乳牛のように白と黒とごちゃ混ぜになって入っています。

紡績機2カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

わかりにくいですがいけばなで使います剣山のような形状のものでうぶ毛(原毛)をひっぱりあげたり、伸ばしたり、くしけずったりしていきます。髪の毛をくしでとくようなイメージでしょうか。

紡績機3カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

こちらの画像はもう少しわかりやすいでしょうか。剣山のお化けのような筒状のローラーが複数組み合わさりうぶ毛(原毛)をすいていきます。すくとは漢字で梳くと書きます。梳という字はくしけずるとも読みます。まあそんなイメージなわけです。

紡績機4カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

当初白と黒のごちゃ混ぜだったものが伸ばされ、混ぜられ、梳かれていくうちにこのようにまとまってきました。しかも色も混ざって美しいミックスのグレーになっています。

紡績機5カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

こうやって束ねられてでてきますとふんわりしたわた布団のようです。

紡績機6カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

さらに細くなり、手編み糸ぐらいの太さのわたの集合体となったものが紡績機の最終工程となります。この段階ではまだ糸とは呼べません。糸としての強度が確保できていないからです。

撚糸

紡績工程が終わり、いよいよ撚糸工程で糸にしていきます。撚糸・・・ つまり糸をより合わせていくわけです。紡績機から出てきた直後のカシミヤ原毛の細い集合体は強度が弱く、糸としての使用に耐えません。そのために回転を加えて、それぞれの糸をより合わすことで強度を高めて糸としての価値をつけるわけです。またこのより合わす作業もあまりに強くより合わしてしまうと今度は風合いが犠牲になってしまうので、非常にデリケートで重要な工程といえます。

撚糸工程カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

両側に機械があります。その間に見えにくいですが糸が渡っているのです。左側の機械が右側の機械にくっついたり離れたりしながらその動きに合わせて右側に設置されている糸がより合わさっていきます。

撚糸工程2カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

アップで見るとこうなっています。黄色いところが斜めに切り込みが入っています。糸がこの溝を通っていくうちに捻られてより合わさっていくわけです。

糸巻き工程カシミヤニット&セーター通販ウェブサイトカシミエール

いよいよ最終工程です。撚糸工程で糸になったものを2本なり3本に糸を増やしてこれもまたねじりながら糸を巻き上げていきます。この機械は優れもので、途中で糸が切れても自動でロボットのアームが糸の切れたところを見つけて、自動的につなげてしまうのです。この工程が完了すると編み機で編めるような糸として完成するわけです。

パシュミナができるまで

カシミヤ100%パシュミナストールが原料から製品になるまでの工程をご紹介します。

1 カシミヤ100%パシュミナストール原料
カシミヤ100%パシュミナストールの原料は言うまでもなくカシミヤヤギです。カシミヤヤギは寒暖の差が激しい内モンゴル地域に生息し、厚くて硬い剛毛に覆われていますが、その内側には本当に柔らかなうぶ毛があり、カシミヤ製品にはこれを使います。パシュミナとはネパール語で『内側の』という意味です。まさにカシミヤヤギの内側の『うぶ毛』を使うわけです。

カシミヤヤギ


2 紡績 原毛からわたへ
毎年4月~5月にカシミヤヤギのうぶ毛は刈り取られます。これらのカシミヤのうぶ毛を不純物を取り除き洗浄し、繊維長や細さ別に選別整理したものがカシミヤ原毛と呼ばれます。この綿を紡績機に投入することにより、糸を作っていくわけです。

ストール1 ストール2

3 カシミヤわた
紡績機のしくみは、ロール状になった大きな櫛のようなもので、何度もカシミヤ原毛を櫛とりながら滑らかにし、長くより合わせることでカシミヤ原毛をテープ状に整えていきます。この写真は途中段階です。帯状になったカシミヤ原毛です。これを櫛とりながらさらに細くしていくのです。

ストール3


4 カシミヤ糸の素 スレイバー
紡績機からはこのような細くテープ上になったカシミヤ原毛が出てきます。これはスレイバーといいます。この段階では、綿を細くしてるだけでまだ糸とは呼べません。

ストール4


5 撚糸してカシミヤ糸に
スレイバーの状態では、強度がほとんどなく、このままでは織ることができません。ひねり加工を加えて糸の状態にしていくのです。これを撚糸加工といいます。捻るほどに糸自体の強度はあがりますが、その反面硬くなるため風合いが損なわれていきます。この設定が非常に重要なポイントなのです。

ストール5


6 双糸加工
撚糸することで糸になったものは、それ自体が捻られているので安定したものではありません。そのまま織ると形が崩れたりゆがみが生じたりします。そのためもう1本糸を合わせることでそれぞれのバランスをとり、安定させるのです。

ストール6


7 パシュミナストール織準備
織りのための準備を行います。一本ずつ手作業で織機にかけるための準備を行います。非常に手間のかかるまた非常に重要な作業です。

ストール7


8 織り工程
織機に糸を掛けおわると、いよいよ織り開始です。織り工程で糸が生地になり、その後染色、生地を自然に風合いにするための縮絨加工、そして生地を指定のサイズにカットしてやっとパシュミナストールらしくなっていきます。

ストール8


9 パシュミナストールフリンジ作り
パシュミナストールになるための最終工程、そうですフリンジです。フリンジはこうやってすべて手作業で形を作ってきます。フリンジが完成してやっと正真正銘のカシミヤ100%パシュミナストールの完成です。

ストール9


10 パシュミナストール検品修理
いろいろな製造工程を経て、生地に傷がついていたりすることもあるので、一枚一枚きちんと検品を行います。検品段階で見つかった不良箇所は修理を行います。

ストール10


11 パシュミナストール梱包出荷
最後は出荷のための梱包です。カシミヤ100%パシュミナストールは生地が薄く軽いので慎重に梱包しないと生地にしわがよってしまいます。この工程も大事な商品を送り出す非常に重要な工程なのです。

ストール11

カシミヤ原毛ができるまで

◆カシミヤ原毛ができるまで◆

カシミヤってどんな動物かご存知ですか?カシミヤはカシミヤヤギのうぶ毛から作られています。ただし、カシミヤヤギの毛を刈っただけでは、セーターやパシュミナストールにはなりません。そういった製品にするためには、その前に糸にしなければいけません。また糸にするためには、その原料となる原毛にしなければいけないのです。ここでは、カシミヤヤギからカシミヤ原毛ができるまでの工程の詳細を写真をメインにしながらご説明していきます。

1、たくさんのカシミヤヤギたち

カシミヤはヤギの毛であることを知らない方も多いようです。カシミヤはカシミヤヤギの毛を採取して作られます。内モンゴルではこのようなカシミヤヤギを飼育している農家が多数あります。

たくさんのカシミヤヤギ

2、カシミヤヤギの毛

カシミヤヤギの外観は堅い剛毛でおおわれています。カシミヤに使う毛はこの剛毛を使うのではなく、内側にあるうぶ毛をすきとって採取し使うのです。

カシミヤヤギの外は剛毛

3、ターゲット確保

内モンゴルのカシミヤヤギ飼育農家のファンさんが適当なターゲットを捕まえました。カシミヤヤギは生後2年以降からうぶ毛の採取が可能になるそうです。

狩頃のカシミヤヤギ

4、刈り取りツールは金属かぎ手

カシミヤヤギのうぶ毛採取にはこのような金属製のかぎ手を使います。外側の剛毛をかき分けて内側のうぶ毛だけをすきとるように採取するのです。ハサミでちょきちょきとカットする羊毛とは大きく手法が違います。

こんな道具を使います

5、カシミヤうぶ毛採取

ファンさん作業開始。すきとるというと聞こえがいいですが、実際はむしり取ってる感じです。作業時間の短縮が大事とはいえ痛々しい感じです。

むしり取られるカシミヤヤギ

6、痛がるカシミヤヤギ
気持ちよさそうに見えるけれども、とっても痛そうでした。むしり取られてるのだから当然です。

気持ち良さそうだけど時々痛がっているカシミヤヤギ

7、採取段階は不純物だらけ
採取段階では、地面のごみとかわらとか、そしてカシミヤヤギの剛毛部分とかいろんな不純物が混じっています。

カシミヤの毛を刈るとる器具

8、ちなみに羊毛は
こちらは同時進行で進んでいた羊毛の採取。ちなみに羊毛は一頭当たり5キロも採取できたそうです。しかも年2回採取可能です。わずかな量しか採取できないカシミヤヤギとは対照的です。

羊毛だとなんと一度に5000グラムも採取できる

9、整毛行程1
大きなミキサーみたいな機械の中に採取されて水洗いされた原料を投入してぐるぐると回転。大雑把にゴミなどをふるい落とします。
機械で大雑把に汚れ落とし

10、整毛行程2
次は手作業で細かく汚れや不純物を取り除きます。ここでの細かな仕事が品質に影響してきます。
手作業でカシミヤの汚れを取り除く

11、整毛行程3
紡績機のような機械で原料を何度も梳きとります。この工程を15回繰り返します。この機会一台で一日1キロの原毛しかできないそうです。
15回透き工程を繰り返すことで原毛になっていく

12、カシミヤ原毛
機械の反対側からは綿のような原毛が出てきます。原毛完成まであとわずか。
カシミヤヤギの毛カシミヤ原毛に変化していく

13、カシミヤ原毛完成
綿のように白いカシミヤ原毛の完成です。当初採取した重量からわずか20%の重量になってしまいました。一頭で約500グラム採取されるので、原毛になるのはわずか100グラム。吟味され余分なものが捨てられてこうなるのです。本当に希少なものなのですね。

採取量のわずか20%しかカシミヤ原毛が残らない

カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 業務出張のため不在

休業日・・・この間のご注文及び、お問い合わせに対します発送作業とお返事は休業日明けとなりますのでご了承ください。 尚、ご注文は24時間休まずお受けしております。

カシミエールより

ご来店ありがとうございます。
世界最高の内モンゴル産のカシミヤ、さらに厳選されたホワイトカシミヤを贅沢に使ったカシミヤセーターやこだわりの天然素材を使ったニット小物などを、工場よりダイレクトにお客様のお手元にお届けいたします。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。新着情報やお得な情報をお届けいたします。

変更・解除・お知らせはこちら

カシミエールは、、、

ショッピングサーチへ

ストールセレクトショップ『カシミエール』はショッピングモール 『アラジン』に出店しています。


カシミエールミニバナーカシミヤセーター&カシミヤ小物ストール通販サイトカシミエール

■携帯サイトもご利用下さい■
カシミエールモバイル
http://cashmerel.com/m
(パソコンからはご利用できません)


会社概要



運営会社

株式会社アレス

〒650-0027 
神戸市中央区中町通2-2-17
武田ビル
電話078-335-5558
FAX078-335-5596

カシミエールミニバナーカシミヤセーター&カシミヤ小物ストール通販サイトカシミエール
http://cashmerel.com
info@cashmerel.com
運営統括責任者 中村 哲

神戸商工会議所会員

*画像・文章等「無断転載」を固く禁じます


卸をご希望のお客様は
こちらからどうぞ↓

カシミヤストール&カシミヤマフラーのアレス
http://www.alles-inc.com/

リンネル雑誌掲載

ゴーアウト雑誌掲載

ストール巻き方コンテスト結果発表

ストールコーディネート

ギフトパッキング

カシミエール「Airy-エアリィ-」
カシミエール「NEW Airy-エアリィ-」
カシミエール「AiryPLUS-エアリィプラス-」
カシミエール「-ストールマフラー-」
カシミエール「-ウィルスガード-」
カシミエール「Rishe-リシェ-」
カシミエール「bijou-ビジュ-」
カシミヤルームウェア
カシミヤグッズ
カシミエールメンズライン「HOMME-オム-」
カシミエールケアグッズ

QR

ページトップへ